Kompiraシリーズ

働き方改革
言われても、
何すりゃいいんだ?

Kompiraは、
自動化で解決します。

  • オペミスが起きるたびに
    チェック時間が増える!
  • 業務が増えているのに
    人は増やせない…
  • コスト削減と言われても、
    これ以上人は減らせない!

運用業務での働き方改革は、労働時間削減、
品質向上、コスト削減の3つが課題です。

フィックスポイントが運用自動化のお手伝いをする中で、運用の課題は「労働時間」「品質」「コスト」の3つであることは多くの企業で共通していました。
管理対象のシステムは増加する一方で、人が増やせない為残業でカバーすることも多く、人的負荷が常に高い現場が多くあります。 人を増やさず、労働時間を減らし、コストも削減しながら、品質を向上させる。
普通に考えて実現できるはずもない課題です。そう、運用自動化なしでは。

case

労働時間削減

定型化した上に作業量の多い業務を自動化し、 人の判断が必要な部分のみにリソースを投入することで、 労働時間を減らして処理量を増やすことができます。

事例を見る

case

品質向上

運用の現場では誤検知・過検知が多く、本当に重要なインシデントを見落として しまうといったオペレーションミスが頻発します。 重要度の高いものの判別を自動化すれば、処理時間を短縮してオペレーションミスを 激減させることが可能です。

事例を見る

case

コスト削減

多くの企業で24・365体制を敷く運用部門。 人員を増やさず、仮想オペレータ投入によって夜間の障害連絡を自動化すれば、 オペレータの工数と夜間対応を大幅に削減できます。

事例を見る

こんな業務が最適化できます

運用と一口に言っても、内容は様々です。障害対応やセキュリティ対応、サーバの設定から構成管理など。 Kompiraは、目標に合わせた柔軟な運用自動化が実現できます。

  • 障害エスカレーションの
    自動メール・自動電話
  • 障害切分け用の
    データ収集自動化
  • 自動障害
    対応
  • アクセス権
    設定変更
  • スイッチ・ルーター・
    FWの設定自動化
  • 監視サーバ
    設定自動化
  • IDSアラート
    対応自動化
  • 構成情報
    自動収集
  • マルウェア
    検知

課題を解決する、二つのプロダクト

Kompiraには、エンタープライズサービスとクラウドサービスの二種類があります。 お客様の環境に合わせたサービスの提供、また両方を組合せて自動化を行うご提案も可能です。

今のフローを維持したまま自動化。
柔軟な運用に対応できる
「Enterprise」

Kompira enterprise
  • 利用中のツールと連携したい
  • フローの一部のみに自動化を試してみたい
  • 現在のフローを変えずに自動化したい
Kompira enterprise詳細 資料ダウンロード

設定3分、難しい構築が必要ない。
簡単に自動化を始められる
「cloud」

Kompira cloud
  • 顧客の対応が後手になる
  • 脆弱性が発見された!
  • 海外拠点の統制が取れない
Kompira cloud詳細 資料ダウンロード

運用自動化セミナー開催中運用自動化に関するセミナーを随時開催しています。

  • これから運用自動化に取り組む企業様向け運用自動化の前に考えるべきこと
  • ハンズオンセミナーインフラエンジニアのための運用自動化
セミナー詳細はこちら

運用自動化コラム・ブログ運用自動化に関するコラム掲載しています。