Kompira

Menu Menu

Kompira Greac

統制を厳しくすると使いにくい、
使いやすくすると統制しにくいを解決します


※現在はβ版のみのご提供となっております。詳しくはお問合せ下さい。

出社が前提のシステム運用を、
リモートへ

リモートワークが普及しても、システム運用では出社が前提の現場が少なくありません。
しかしパンデミックのみでなく、災害時などにもオフィスへの出社が困難な状況は考えられます。
Kompira Greacは簡単な設定でセキュアなリモート環境を実現し、「誰がどんな作業をしているのか分からない」、「画面を見ながらのコラボレーションがしにくい」など、リモートによるシステム運用の課題を解決します。

what01

Merit
1

管理者が簡単にユーザーの接続可不可を設定。操作対象がオンプレミス/クラウドに関わらず、Kompiraで一元管理できます。

システム運用をリモートで実行する際に、大きな課題となるセキュリティ対策。Kompira Greacはユーザごとに接続の可否が設定できるため、権限の無い領域にアクセスされることはありません。また操作対象がオンプレミス/クラウドに関わらず、ユーザごとのアクセス履歴や操作内容を一元管理できるため、監査がしやすいのもメリットの一つです。

merit01

Merit
2

「Kroker」の配置だけで
セキュアなリモート環境を構築

ネットワークに、「Kroker」という専用のゲートウェイを配置するだけで、簡単にセキュアなリモート環境を構築することができます。管理対象ネットワークから WebSocket のアウトバウンドを許可すればよいため、エージェントのインストール、ファイヤーウォールの穴あけは不要です。

merit01

Merit
3

コマンドや操作の履歴を
テキストと動画で記録

ログで操作履歴を確認する場合は、ユーザー情報とログを突合する必要があり、作業が煩雑になりがちです。Kompira Greacはコマンドや操作の履歴をテキストと動画で記録し、クラウド上で一元管理します。

merit01

Kompira Greacの仕組み

Kompira Greacは、「kroker」という専用のゲートウェイを1台のサーバーにインストールするだけで、セキュアなリモート環境を構築します。
GreacのWEB画面からKrokerを経由して対象機器にSSH/RDP/telnetで接続し、画面上で操作を行うことができます。
Kompiraへのログインは多要素認証が利用可能のため、セキュアな接続が実現できます。

work01

Kompira Greacの機能

cando01ブラウザでKompiraにアクセスするだけで、対象機器に接続
cando02接続先は柔軟にコントロール
cando03どのユーザーがどの接続先にアクセスしているか確認可能。接続履歴も記録
cando04 コマンドや操作の履歴をテキストおよび動画で記録。クラウド上で一元管理
cando05 リモート接続しているセッションに別のユーザーが参加可能。作業内容が直接確認でき、同時操作も可能
cando06管理対象ネットワークから WebSocket のアウトバウンドを許可すればよいため、インバウンドの穴あけや、VPN、リバースプロキシなどが不要
cando07リモート接続用のクレデンシャル情報は暗号化してクラウド上で管理。クレデンシャルはKrocker上の鍵で復号
cando01 Kompiraへのログインは、多要素認証が利用可能