Kompira

Menu Menu

Kompira AlertHub

オペレータに頼っていた様々な アラートの判断業務を自動化。

煩雑な監視アラートの判断業務を、
誰でも簡単に丸ごと自動化

エンジニアで行っていた自動化を、誰でも簡単に、クラウド、データセンター、オフィスネットワークからの監視アラート判断業務を自動化。
what01

様々な単位で監視状況を管理

ホスト、システム、データセンターなどの単位で、監視対象の状況を管理できます。
what02

高度な条件で アラートメッセージを切り分け

メッセージ内容、監視対象の状態、時間経過を条件にしたアラート処理が行えます。
what03

Kompira AlertHubの自動化の仕組み

Kompira AlertHubの処理の流れ

監視システムが障害を検知すると、メールやWebhookなどでKompira AlertHubに通知が入ります。Kompira AlertHubは事前に設定されたルールに従ってアラートを分類して深刻度を変化させます。深刻度の変化などを条件としてトリガーが次のアクションを実施します。
work02

Kompira AlertHubで実現可能な集約例

cando01夜間に自動で再起動しているので、0:00から01:00については
アラート発生時のメール送信が不要

cando02日中帯と夜間帯で、アラート発生をメール送信と電話と切替えて通知したい

cando0330分以内に10件以上アラートが発生したらメール送信してほしい

cando04 アラート発生の初報のみメール送信してほしい

cando05 同種のアラート発生は、初報から1時間は通知が必要ない

cando06異常が1分以内に回復したらアラート発生の通知が必要ない

cando07アラートメッセージの中に「error」の文字列があったらメール送信が必要だが、「error.html」であれば送信は必要ない

cando01 複数のサーバから同時にアラートを受信した場合、
システム単位で異常を通知したい