Kompira

Menu Menu

Column

2022/04/13

IPA 「DX実践手引書」の改訂版を発表

こんにちは。フィックスポイントの冨です。

 

「DX(デジタルトランスフォーメーション)」という言葉もすっかり普及し、「**DX」といったビジネス改革というよりは、単なる既存業務のIT導入なのではと思わせる用例も散見されるようになりました。もともと海外と比較してIT投資額が低めといわれている国内企業では、DX以前にIT導入そのものが急務ということもあり、「DX」が口実として使いやすいといったこともあるのでしょう。

 

さて、情報処理推進機構(IPA)より、4月4日、「DX実践手引書 ITシステム構築編」の改訂版(暫定第2.0版)を公開されました。
IPAのサイトからダウンロードできます。
https://www.ipa.go.jp/ikc/our_activities/dx.html#section7

 

このDX実践手引書は、DXプロジェクトをこれから計画、または途上の企業を支援するためのガイドで、改訂版では、2章「DXを継続的に進めるための考え方」が追加されました。全体としては140ページにも及び、現場のみならず経営層も目を通して頂きたい内容になっています。

 

冒頭に「DX」という言葉が示す範囲が幅広くなってきたと書きましたが、追加された章では「変革規模」「組織成熟度」が設定されています。

 

「変革規模」では、特定部門の業務の改善レベルから、社会の変革まで大きく6段階に分類されています。改革の入り口はRPAの導入による業務処理の自動化やWeb会議の導入など。続いて社内~社外を含めたサプライチェーンの自動化による改革が示されています。ここまでが「デジタルオプティマイゼーション」のレベル。

 

この次に「デジタルトランスフォーメーション」の段階に入り、デジタル利用による顧客体験の向上、業界構造の変革、社会の行動・構造の変革と続きます。

 

これにより、「DX推進プロジェクト」がどの段階を目指しているのかや、「DX」商材のターゲットがどのレベルの改善・改革を狙っているのかのモノサシになると思います。

 

「組織成熟度」に関しては、DXを実現するうえでの経営体制、環境、技術力などの観点から39の指標に整理されています。こちらは経営企画担当やDX推進プロジェクト担当向けです。企業トップの改革への理解やコミット、ならびに現場からのボトムアップを上手にバランスを取らないと改革推進は困難であるという観点から、具体的にどのような観点からの施策検討が必要かについて書かれています。

 

「DX」という言葉がクローズアップされて数年、飽きられはじめている今日このごろですが、実際に「これぞDX!」と呼べるようなデジタル利用で大きく顧客体験が変わったと実感する例は、消費者目線で見てそれほど登場していないと思います。
いずれにせよ、製品・サービス・企業オペレーションが「どうありたいか」をイメージするのが先決ですね。

コラム一覧
2022年
2022.04.27
運用管理に向いているDMAICフレームワーク
2022.04.20
お勧め本「システム運用アンチパターン」
2022.04.13
IPA 「DX実践手引書」の改訂版を発表
2022.03.31
春は引継ぎのシーズン
2022.03.24
「なぜなぜ分析」の使い方
2022.03.16
マルウェアEmotet再流行
2022.03.09
省エネモードのエンジニア
2022.02.24
ヒューマンエラーを防ぐには
2022.02.16
インフラ維持と式年遷宮
2022.02.09
Web3.0とP2Pの復権
2022.01.24
JIS規格に学ぶリスクマネジメン
2022.01.19
多すぎる通知の副作用
2022.01.12
2022年のインフラ技術
2021年
2021.12.29
今年もお世話になりました
2021.12.22
品質レベルはステージごとに変わる
2021.12.15
ログ出力ライブラリLog4j脆弱性の影響
2021.12.09
リモート作業の問題点
2021.11.24
メタバースに未来はあるか
2021.11.17
インシデントとの向き合い方
2021.11.10
DXは差別化要素を作るための投資という視点
2021.10.27
監視の拡張としてのオブザーバビリティ
2021.10.20
良い自動化、イマイチな自動化
2021.10.13
みずほ銀のトラブルから学ぶ
2021.09.29
クラウドDBで時短
2021.09.22
そろそろWindows 11が到来します
2021.09.15
トラブル対応の心がけ
2021.09.08
10/10は「デジタルの日」
2021.08.25
運用なき開発を避ける
2021.08.18
日本のDXの最前線
2021.08.12
DXとアジリティ
2021.07.14
ポストコロナで会議室が足りなくなる?
2021.06.30
自動化の技術選択
2021.06.23
業務の自動化は入り口にすぎない
2021.06.16
データ入力のお作法
2021.05.26
「苦労に価値がある」という価値感
2021.05.19
「運用でカバー」する公共システム
2021.05.12
VUCAの時代を生き抜くスキル
2021.04.28
デジタル敗戦からの復興はなるか
2021.04.21
PCの「基本的人権スペック」
2021.04.14
お勧め書籍「運用改善の教科書」
2021.03.31
運用スタッフの大部分はリモートワークへ
2021.03.24
定型業務をプログラマブルに
2021.03.17
監視疲れを起こさない工夫
2021.03.08
MSの無料RPAは自動化の起爆剤となるか
2021.02.22
終わりなき開発とインフラ運用
2021.02.17
作業を自動化しても業務が効率化しない場合
2021.02.10
Cocoaのバグが4か月も発覚しなかった話
2021.01.27
「クソどうでもいい仕事」を考える
2021.01.26
「クソどうでもいい仕事」を考える
2021.01.20
自動化の次の課題としてのAIOps
2021.01.13
DXレポート2が公開されました
2020年
2020.12.21
今年もお世話になりました。
2020.12.16
どうなる? 2021年のITインフラ
2020.12.09
アドベント・カレンダーの季節です
2020.11.11
AI・業務自動展で見聞きしたツライお話
2020.11.04
「7番セカンド」な仕事
2020.10.21
システム監視とアラート地獄
2020.10.19
機械学習とシステム運用
2020.10.14
形あるものは壊れる。システムも。
2020.09.30
技術ドキュメントの課題
2020.09.23
デジタル庁に寄せる期待感
2020.09.16
ローコード開発とエンジニア不要論
2020.09.09
技術の近未来予測とニューノーマル対応
2020.08.26
“アンチフラジャイル”な考え方
2020.08.19
カオスエンジニアリングという考え方
2020.08.12
運用が稼ぐ時代
2020.07.29
AIシステムの運用
2020.07.22
新宿に宿泊でTDLにGoToは対象外?
2020.07.08
チェック回数を増やしても意味がない
2020.06.24
「時代はクラウド」発言と政府インフラ
2020.06.17
システムの標準化とスキルセット
2020.06.10
「2025年の崖」からの転落事故
2020.05.20
先端IT“非”従事者は勉強不足 from IP
2020.05.12
スペイン風邪にみるコロナ第二波へ備
2020.04.30
「運用でカバー」という魔法の言葉
2020.04.26
未然に防いだトラブルは評価されにくい
2020.04.22
リモート勤務で重要性を増す「ゼロ・トラスト」セキュリティ
2020.04.15
オンラインイベント「Ops Summit2020」開催!
2020.04.15
コンサルは「標準化しろ」とは言うけれど
2020.04.08
オンライン”Zoom”会議のセキュリティー問題
2020.03.23
ドキュメントで見かける”Day 2オペレーション”
2020.03.18
今、売れまくっているITサービス
2020.03.11
出社している場合じゃないご時世
2020.02.26
新型コロナウィルス対策に学ぶトラブル対応
2020.02.19
バレンタインデーにシステム統合の本がバカ売れ
2020.02.12
ハイパーオートメーションの時代
2020.01.29
インフラ運用リーダーが備えるべき10の能力
2020.01.22
障害発生時の夜中に叩き起こす技術
2019年
2019.12.11
RPAとRBAと運用自動化
2019.12.11
年末年始に読む運用関連本
2019.11.27
業務フローの「こんまり」のお勧め
2019.11.20
「システム運用自動化」はスモールスタートで
2019.11.13
運用事故では人を責めない
2019.01.15
話題の「クラウドネイティブ」とは何か?