Kompira

Menu Menu

Enterprise Technical information

外部との連携 Active Directoryにユーザーを登録する

「Active Directoryから情報を取得する」では、Active Directoryの登録情報をKompiraから参照する方法をご紹介しました。今回は同様の手法でActive Directoryに新規のユーザーを登録してみます。
(Active Directoryは既存のサーバーを利用する想定です。)


動作確認環境

Kompira

ソフトウェア バージョン
Kompira 1.5.5.post7
LinuxOS CentOS7.8.2003

Windows Server

ソフトウェア バージョン
Active Directory スキーマバージョン 88
OS Windows Server 2019

※本記事は上記環境を利用して検証しております。掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。


 

事前準備

前回同様「Windows PowerShell 用 Active Directory モジュール」を使用します。Active Directoryサーバーにインストールしてください。

 

スクリプトジョブの作成

まずはユーザーを登録するスクリプトジョブを作成します。使用するコマンドレットは「New-ADUser」です。

New-ADUserに渡す各引数は、スクリプトジョブの引数として指定します。パラメータの順番に注意してください。

–Surname で指定した内容が「姓」に、-GivenName で指定した内容が「名」に、-DisplayName で指定した内容が「表示名」に、-UUserPrincipalName で指定した内容が「ユーザーログオン名」に設定されます。
パスワードはただの文字列ではなく、SecureString 型である必要があるので、ConvertTo-SecureStringコマンドレットを用いて変換します。

 

ジョブフローの作成

続いてスクリプトジョブ「AddUser」に引数を渡して実行させるジョブフローを作成します。

ここで注意点としては、スクリプトジョブ「AddUser」は登録に失敗した場合でも戻り値に0を返すということです。このため失敗の判定はエラーメッセージ$ERROR変数に値が格納されているかで行います。

登録に成功した場合には、以下のように表示されます。

登録成功

 

この場合、Active Directoryサーバーで登録されたアカウントのプロパティを見ると次のようになります。

 

ユーザーのプロパティ

 

同じ条件で2回ジョブフローを実行すると重複登録のエラーになりますが、その際の画面は次のようになります。

登録エラー

 

Active Directoryのユーザーには、所属部門や電話番号、メールアドレスなど様々な属性情報を登録する事が出来ます。また初回ログイン時にパスワード変更を強制するなどもできます。「New-ADUser」コマンドレットも多くの属性をサポートしています。詳細はTechNetの解説記事などを参照してください。

ユーザー登録に成功したら、該当ユーザーに登録内容の通知メールを送るように、ジョブフローを拡張することもできます。各組織での運用状況に応じて設定項目を調整してください。

スタートガイド

Kompiraジョブフローの基礎

ジョブフローの簡単な例

Kompiraの機能

外部との連携