seminer

Ops Summit 2020 2020/05/29

開催概要

日時

2020/05/29 (金)9:00~18:00

会場

完全オンライン開催。 事前にお申込を頂いた方に、参加方法をご案内いたします。

対象

システム運用部門が関わる幅広い業務課題について議論したいと考えている方

参加

無料

ー新時代のシステム運用のあり方について
業界トップが徹底解説する
業界最大級のオンラインイベントー

システム運用に携わるすべての企業・ユーザーを対象にしたオンラインイベントです。
これから益々重要になってくる運用に光を当て、新しい時代の運用がどうあるべきか、今の運用からどうステップアップしていくのか、DX(デジタルトランスフォーメーション)や運用業務改善など、業界を牽引する多くの方々にご登壇いただき、システム運用部門が関わる幅広い業務課題と解決策について紹介します。

講演内容


【運用無くしてDXなし。自社の変革のご参考に!】
Live限定配信 5/29(金)11:00~12:00
デジタルを前提に現状を再構築する―DXはデジタルネイティブ企業流に―
株式会社デンソー デジタルイノベーション室長 Design for ALL株式会社 共同創業者 取締役 成迫 剛志氏
デジタルトランスフォーメーション(DX)について、その目的と本質に遡って考え、推進体制を検討する必要があります。ビジネス開発、アジャイル開発、アーキテクチャー、インフラ、SRE(Site Reliability Engineering)の一体運営がその答えと考えており、事例を交えてご紹介します。


【現状に行き詰まりを感じている情報システム部門、運用部門の管理職必見】
オンデマンド配信 5/29(金)9:00~18:00
受け身のシステム運用の終焉―アフターコロナのシステム運用とは―
株式会社フィックスポイント 代表取締役 三角正樹
コロナウィルスへの対策により、全世界的に在宅勤務が進んでおり、日本でも大手企業では48%と半数近い企業が在宅勤務を実施しているようです。対面が必須と思っていたことも、意外と出勤しなくても問題ないと気が付く事も多く、コロナが収束した後も、この変化は続いていくと想定されます。そのような中、運用担当者は在宅勤務推進を支えるために「出社する、深夜作業をする」という話も聞きます。このセッションではコロナで変わっていく業務と、それに合わせてシステム運用をどう変えていくべきなのかをご紹介します。


【国内大手企業のDXの成功例、失敗例が聞けます!スピーディーなDX推進に必要なものとは。
経営部門、事業部門、システム部門の乖離に悩む経営者、管理者に。】

オンデマンド配信 5/29(金)9:00~18:00
DXによるビジネス変革と政府のDX政策の展開
経済産業省 商務情報政策局 情報産業課 ソフトウェア・情報サービス戦略室長 田辺雅史氏
あらゆる事業活動がデジタル技術を前提としたものに変革する中、これまでにないビジネス・モデルによる新規参入者が登場し、各企業は、競争力維持・強化のために、DXをスピーディーに進めていくことが求められています。DXを進めていくためには、経営のコミットメントだけでなく、事業部門、システム部門が一体となって、自らの取組として進める必要があります。経済産業省は、2018年にDXレポートを公表し、「2025年の崖」の警鐘とDXを進めるための施策を打ち出しましたが、本講演では、政府におけるDX推進のための施策を解説するとともに、企業が進めるべきDXについて事例も含めて解説します。


【DX部門を設置した、または新設予定の企業の経営者、IT部門の管理者に。
グローバルなベンダー企業が取り組んだ、自社の経営変革の事例が聞けるセッションです。】

オンデマンド配信 5/29(金)9:00~18:00
マイクロソフト社内におけるデジタル変革の体験談
~Inside Microsoft Transformation~

日本マイクロソフト株式会社 ビジネスアプリケーション事業本部 本部長 大谷 健氏
デジタル変革に大切なものはAIなどの最先端テクノロジーを用いた新製品の開発する事だけでなく、社内における従業員の働き方や、お客様体験の向上や、レガシーシステムのオペレーションをデジタルを活用して継続的に改善する組織づくりが求められます。マイクロソフトでも数年かけて失敗を重ねながらデジタル変革に取り組んでおります。本セッションでは、その舞台裏を支えているデータドリブンな経営改革を支えるIT部門の役割についてご紹介いたします。


【ITIL3から、ITIL4へのバージョンアップによって変わったこととは。
情報システム部門のみならず、企画・サービス開発部門にも有効なITIL4の活用事例が聞けるセッションです。】

オンデマンド配信 5/29(金)9:00~18:00
ITIL4とシステム管理の強化

株式会社DXコンサルティング 執行役員 東郷茂明氏
本講演では、昨年にバージョンアップされたITIL 4の内容を紹介します。また、システム管理における品質向上、コスト最適化に向けたポイントについて、弊社の支援事例を交えてご紹介します。


【明日からでも実行できる「カイゼン思考」。レガシーシステムの対応に疲弊する情シス部門の方に。】
オンデマンド配信 5/29(金)9:00~18:00
もうコストセンターとは言わせない!攻めの情シス、武器はカイゼン思考。

株式会社産業革新研究所 テクノロジスト 産業技術大学院大学ERISE 上席研究員
株式会社ブロードリーフ シニアエバンジェリスト 大岡明氏

待っていれば仕事がある!とは昔話。今は情シスも生産性の時代です。ここでは実際の社内システム入替(失敗)事例と、トヨタ式カイゼン(TPS)活用部門の(成功)事例を紹介し、情シス部門と働くエンジニア、事業部門に発生した嬉しい変化を紹介します。攻めの情シスになるための事例・考え方・ヒント満載のセッションです。


【柔軟性の低いシステムに多くのコストを割かれている企画・開発部門、情報システム部門の管理者、担当者に。システム運用の拡張性と柔軟性がビジネスにもたらす変革とは。】
オンデマンド配信 5/29(金)9:00~18:00
ディジタル変革を支えるICT運用への挑戦

NTTコミュニケーションズ株式会社
プラットフォームサービス本部 マネージド&セキュリティサービス部 マネージドサービス部門 第1グループ
グループリーダー 島貫 卓氏

企業のDX実現がビジネスの成功のカギになっていくといっても過言ではない。DXを推進するためには何が必要なのか?現状の業務変革だけに留まらず、将来的な攻めのビジネスへの転換も見据え、拡張性があり、柔軟なかつ安定的な運用が可能なICT基盤を検討する必要がある。本講演では、DX時代のICT運用への当社のさまざまな取り組みとともに、フィックスポイント社と当社で開発をすすめているXmanagedPF(クロスマネージドプラットフォーム)が目指す世界を紹介します。


【人材不足に悩むシステム運用担当者、管理者に。「無人オペレーション」を目指したロードマップは必見です。】
オンデマンド配信 5/29(金)9:00~18:00
2025年の崖に立ち向かう運用はこれだ!レガシーなんて怖くない。

株式会社オージス総研
プラットフォームサービス本部 運用サービス部 運用業務チーム マネジャー 臼井 成州氏

Kompiraを導入して3年目。我々が目指す「人の判断を排除したさらなる無人オペレーション」に向けての現在の進捗状況・削減効果等について、具体的に社内のワークフローやインシデント管理ツール、セキュリティー対策サーバー等の各種運用システムと連携した自動化適応事例を交えて紹介。加えて、ハイブリッドクラウド化にも対応するための取り組みについても紹介致します。


【RPAツールの導入を検討中の情報システム管理者、担当者に。事例を交えた業務自動化成功の秘訣が聞けるセッションです。】
オンデマンド配信 5/29(金)9:00~18:00
【SDT×Kompira】で解決!!業務自動化のプロセスと導入事例

株式会社エス・エム・エス・データテック
取締役ソリューションサービス本部長 関根義明氏

業務の自動化、効率化を目指してRPA・自動化ツールを導入している企業が年々増加しています。しかし、ツールを導入することを目的(ゴール)としてしまい、「思ったより自動化できていない」「エラーが絶えない」等の問題が発生しています。本セッションでは、SMSデータテックの運用自動化ラボから、業務自動化を失敗しないためのプロセスとSDT×Kompiraを活用した自動化成功事例をご紹介いたします。


※講演内容及び講演者は、予告なく変更になることがあります。