seminer

DXに合わせたITサービスマネジメントの リ・デザイン(再設計) 2019/10/31

開催概要

日時

2019/10/31 (木)16:00~17:30

会場

株式会社フィックスポイント会議室 東京都渋谷区渋谷1-7-1渋谷S-6ビル5F

対象

セキュリティ部門、運用部門のご担当者の方、管理者の方

定員

9名 ※定員になり次第締切らせて頂きます

持ち物

名刺

費用

無料(事前登録制)

経済産業省は2018年9月7日に公表した「DX(デジタルトランスフォーメーション)レポート」いわゆる「2025年の崖」問題で2015年までにシステム刷新を集中的に推進すべきと訴えました。手をこまねいて無策で放置すると、時代の潮流や変化に即した事業戦略に企業ITが追従出来なくなり、莫大な経済的・人的損失に陥ると警告しています。
これらのDXを実現するための業務のIT化や人材不足といった社会のトレンドを背景に、次のような問題を感じる方も増えていると思います。
・即戦力となるようなシステム管理者の採用が難しくなった。
・人材不足に伴い、兼務も含めて業務負担が増大してきた。
・IT投資自体は増えているが、運用管理のための予算は増えない。
このような問題意識から、ITインフラの運用管理の現場では、業務の効率化が求められるようになりました。
本セミナーでは「2025年の崖」の背景を見直すと共に、弊社Kompiraシリーズを用いた運用管理の効率化について解説していきます。