column

Kompiraの機能 ジョブフロー画面の各種設定

ジョブフローの画面にはいくつかの表示タブやチェックボックスが用意されています。今回の記事では、それらの使い方についてご説明します。
今回は説明のために次の様なジョブフローを用意しました。適当な名前で作成してください。

 
ジョブフローの実行状況を確認する

さて、このジョブフローを実行すると次の様な画面になります。

ジョブフロー実行画面

ここで「ジョブフロー」タブをクリックすると、次のような画面になります。

ジョブフロー実行画面

この画面では、黄色の箇所がジョブフロー中の実行中の行を表示します。上図の場合ではsleep(30)で30秒停止中であることが分かります。(30秒経過後に一番最後のprint(“終了”)に移ります。)

次の「子プロセス一覧」タブをクリックすると、次のような画面になります。

子プロセスタブ

ここでは2つの子プロセスが完了している事がわかります。このジョブフローではfork文を使って、2つのprint()をそれぞれ別の子プロセスで実行しています。

どちらかのプロセス名称のリンクをクリックすると、print()の実行結果が見て取れます。

子プロセス画面

fork文の詳細については本項では扱いませんので、詳細はマニュアル等を参照してください。

 
ステップモード

続いて、ジョブフロー編集画面の設定タブについて見ていきましょう。

ジョブフローの設定

ジョブフローの編集画面に、「設定」というタブをクリックすると上図のようなチェックボックスが表示されます。このうち「ステップモード」のチェックボックスを有効化して実行すると、次のような画面になります。

ステップモードでの実行

“[SUBMIT COMMAND: uname -a]” で処理が停止します。

この時の「ジョブフロー」タブは次の様な表示になります。

ステップモードでのジョブフロータブ

ここで「続行」ボタンをクリックすると、処理1の”uname -a” が実行され、処理2の[“pwd”]に移って再度停止します。

ステップモードでの実行

 

ステップモードでのジョブフロータブ

このようにステップモードでの実行では、[” … “] のコマンドの実行前にジョブフローが一時停止し、実行コマンドの内容を確認できます。このモードはジョブフロー作成時のデバッグに利用することを想定しています。

 
チェックポイントモード

ジョブフローの実行状態を随時保存するモードです。ジョブフロー実行中にKompiraサーバが異常終了した場合、保存されたチェックポイントの状態から、ジョブフロープロセスを再開できるようになります。

通常モードで実行した際にKompiraのプロセスが障害で停止し、再起動した場合には「プロセス一覧」から実行中のプロセスが消えますが、チェックポイントモードで実行されているジョブはステータスが「待ち(停止中)」で残っています。

チェックポイントモードのプロセス

プロセスを選択して「続行」をクリックすることで、プロセス停止前の段階から再開する事が出来ます。

 
監視モード

ここでは3つの選択肢、「なにもしない」「プロセス終了時にメール送信」「プロセス異常終了時のみメール送信」から選びます。これはジョブフローが完了した際のメール通知を行うかを指定します。

メールの送信条件については、「設定>システム設定」画面で指定します。

システム設定

ここに送信先の管理者メールアドレス、ならびに使用するSMTPサーバーに関する設定を入れていきます。(特に指定のない場合にはKompiraサーバーからメールが配信されます。)

 
ジョブフローオプション

ジョブフローの編集画面を表示すると、ジョブフローを記載する「ソース」欄の下に、3つのチェックボックスがあります。

・ 多重度: 指定したジョブフローを同時に実行できる数を指定します。多重度の数を超えるジョブフローのプロセスが呼び出された場合には、他のジョブフローが完了するまで実行を待たされます。多重度を0以下にした場合には無制限と解釈されます。

・ デフォルトチェックポイントモード: 先にみてきました「チェックポイントモード」のデフォルト値を設定します。

・ デフォルト監視モード: 先にみてきました「監視モード」のデフォルト値を設定します。

「多重度」については、ファイル操作やDBアクセスなどでデータの整合をとる場合など、競合を防ぐために排他的に実行する必要があるジョブフローに対して設定します。

 

このようにKompiraにはジョブフローの編集時や実行時の動作確認を支援する機能や、実行時の動作モードを設定する機能などが用意されています。ぜひジョブフロー作成時や運用時にお役立てください。